公文の英語

0
    JUGEMテーマ:育児

    2007年の冬に公文の無料体験レッスンで見た英語のプリントには、単語にカタカナで読み方が書かれていた。大人の場合、英語の勉強にカタカナの読み仮名はタブー。流石に先生にはそれを言えなかったのだが.....今の教室の先生と雑談をした際、その件についてちょっと触れてみた。

    日本では日常生活で英語を話す機会は皆無.......と言って良い程であるので、本当に小さな頃から英語に触れていない子供達が急に英語の文字を読む事は出来ないのだそうだ。そこに馴染みのあるカナがふられてれば不安もなくなり、英語を勉強する意欲が出ると考えてあえて最初はカナをふってあるのだそうだ。

    私は公文の英語に興味はあるが、『カナがふられた教材を使用する事に対して抵抗がある』と伝えた。
    すると先生が一定のレベル以上はカナはふられていないのでテストしてみる事を勧めてくれた。
    レベルチェックの結果G教材からのスタート。カナの読みがついてない教材から始める事が出来た。

    G教材は中学校1年生のレベルの教材だそうだ。それにしてはちょっと簡単!?!?!?と言う感じではあるが、今まで筆記の練習&文法らしき勉強はしていなかったのでとても役に立っている。

    驚いたのは子供が単語のスペルを簡単に覚えてしまえる事だ。私が中学生の時はスペルを覚えるのに何度もノートに書いたものだが.......子供は短い物ならば1回で、少し長ければ数回問題を解く間に覚えてしまえる。やはり英語教育は早く始めた方が良いのだなと思った。

    子供の英語教育を振り返って 第11弾 - 英会話教室

    0
      JUGEMテーマ:育児

      早期英語教育と言う事で、ある程度の日本語のおしゃべりが出来る様になってから(2歳近く)英会話教室に行かせた。今はバブバブ状態から『ママと一緒に』みたいなグループレッスンがあるが、当時は一般的な英会話学校では年長からのクラスしかなかった。なので最初は勿体無いがプライベートのクラスに入れた。

      幸い良い先生に当たったので、嫌がらずに行ってくれたので良かったと思う。しかし、子供が小さい場合のプライベートはなかなか難しいと言う。人見知りな時期なのに、知らない人と2人きりで狭い空間に閉じ込められる......拒否反応を示す子供も少なくないらしい。

      3才〜4才にかけては、仕事が忙しい時の1〜2週間子供を実家の母に預ける間、近所のPreschool系の英語学校にも通わせた事があった。幼稚園の様に時間割りが決まっている+半日英語漬けだったのでこれは良かった。但し費用は結構かかった。

      子供が5才の時引越ししたので、1週間に1回1時間半、同じくPreschool系の英語クラスに通わせた。この学校は前の所より少し月謝が安かったからか、参加している子供の数が多かった。
      レッスンはpreschool方式。最初は良かったが、6才になる頃には簡単過ぎる様になった。
      小学生クラスへの移動を検討したところ、小学生クラスでは読み書きに重点を置くので会話はあまりないと言う。この学校は自宅から車で30分かかる場所にあったので、以前通っていたチェーンの英会話学校の教室に移る事にした。

      そちらではグループレッスンのクラスに入った。6才(就学前)ではあったが、レベルから小学校中学年の生徒が2人のクラスに入れてもらえた。他の生徒のお母さんは英語教育に熱心で、2人とも児童英検のシルバーに合格していた。うちの子供も影響されて6才の夏にゴールドとシルバーをステップ受験し、なんとかどちらも合格出来た。
      その後2歳年上の英検5級に合格している子供が新しく入り、秋にはうちの子供も5級を受験......と他の生徒と同じクラスで学ぶ事により、子供自身が良い影響を受けると言うプラスの面があった。

      しかしその反面、子供の発音が悪くなってきた。先生の発音を真似しないでクラスメートの発音を真似る様になったのだ。聞くと「皆がそう発音しているから」と言う。「子供は他の子供と同じでありたいと願う物だ。」とハワイの幼稚園で先生が言っていた事を思い出した。又子供同士授業中に日本語で会話する事も多く英語漬けの状態を保つ事が難しくなって来た。

      そんな頃主人の仕事の関係で又引越しする事になった。次の学校には空きのあるグループレッスンのクラスがない事から、又プライベートレッスンを受けることにした。時間は以前の半分だと言うのに、授業料は倍になった。
      子供のプライベートレッスンはある意味危険である。子供が不満や疑問を親に話してくれなければ、先生は幾らでも手が抜けるのだ。レッスン内容に問題がある事は子供が自ら話してくれた。アルファベットや色、数字、動物の名前等でテキストは一切使用しないと言う。宿題もない。
      そして最初の挨拶....Hello! How are you? Fine, thank you. And you?の後に........先生はいつも「I'm very sleepy.」と答えるのだと言う。前日仕事の後に遊びすぎて疲れちゃっているのだろう。
      だがこちらはとっても高いお金を払っているのだ。真面目にやってもらわなければ困る!
      先生に直接子供のレベルについて尋ねてみた。答えは「まだ数回しかレッスンしていないから判らない」だった。もう3回もやっているのに判らないわけはない。受付の人には本当の理由は話さず、違う曜日の方が都合が良いと話して先生を変えることにした。

      だが次の先生も同じだった。今度はスクールの受付の人にきちんと事情を説明した。そして最後に翌月から新しく入社すると言う先生でレッスンを受けてみる事にした。これでも同じならば辞めようと思った。
      その先生はまだ日本に来て日が浅いので、やる気一杯だった。そして現在もう数ヶ月習っている。プライベートレッスンなので、日本人英語っぽくなっていた子供の発音も治ってきた。

      やたらと学校を変えるのは良くないと思うが、状況に応じて勉強方法を変えていくのはやはり必要な事だと思う。

      今までの経緯から振り返ってみると、子供に英語を習わせるならば.....

      )榲に小さい内はママと一緒に参加できるグループレッスン
           ↓
      ⇒鎮娜狷園前はPreschool系の学校での英語漬けレッスン(出来れば毎日)
           ↓
      M鎮娜狷園後は週1〜2回Preschool系の学校でのレッスン(1回1時間以上)
           ↓
      で長、小学生以降は子供の性格や能力に応じたレッスン

      ...........が良いのではないのかと思う。

      子供の英語教育を振り返って 第10弾 - Ladybirdシリーズ

      0
        評価:
        Susan St. Louis,W. Murray
        Ladybird Books Ltd
        ¥ 525
        コメント:ペナンの幼稚園でリーディングのテキストとして使われていた本です。

        JUGEMテーマ:育児

        Ladybirdのシリーズは、2年前の夏子供が通ったペナンの幼稚園で使用されていた本だ。
        2ヶ月間で1a〜4b迄読んだので、帰国前に5a〜8b迄購入した。
        新しい単語も5aでは46語であったのに対して、8bになると倍の91語になっている。
        字も随分小さくなって『読み物』と言う感じである。

        本を買った当初はやる気に満ち満ちていた子供も、時間が経つに連れて面倒になってきた様である。
        結局ペナンの後に寄り道したランカウイ島で8a迄読んだが、それ以降は本に触ろうともしない。
        小学校2年生にもなると日本語力もかなりのものになってくるので、日本語で書かれた本の方が面白いのは仕方ないと思った。

        日本語を母国語にする子供に英語の本を読ませるのは難しいと思うが、無理なく少しずつボキャブラリーが増えていくので、拒否反応がなければオススメのシリーズである。

        子供の英語教育を振り返って 第9弾 - ALCの英語教材

        0
          JUGEMテーマ:育児

          出産前に『英語教育は子供がお腹にいる内に.....』と聞いたのでエンジェル・コースを購入したが、子供の反応はいまひとつだったし、私も退屈だったので最後迄聞かない内に時間が経って.......その後は友人に赤ちゃんが生まれた時にあげてしまった

          その後、Richard Scaryのシリーズと平行して、ALCのABCを教材として使用した。こちらは当時ビデオで月に2回位書店で販売されていた。このシリーズが丁度始まった時だったので、ビデオの中で取り上げられているハロウィーンやクリスマス等のイベントが同じ月にあったのでとても良かった。

          その後子供が年少の時キューピッドコースを購入した。こちらは童話が入っていたりして、ALCのABCに飽きたら良い教材だと思ったが..........どうやら今は販売されていない様である。

          第8段でも書いたが子供は段々おもちゃで遊ぶ方が楽しくなってきて、時期を逃すと殆ど英語教材は見なくなってしまう。丁度良いタイミング(ギリギリ!?!?!?)で英語教材に触れさせる事が出来て良かったと思う。

          子供の英語教育を振り返って 第8弾 - Best Sing-Aling Mother Goose Video Ever

          0
            評価:
            Sony Wonder (Video)
            コメント:Mother Gooseの歌がお話風になっていて楽しめます!

            JUGEMテーマ:育児

            次に買ったのがこの商品。

            いなくなったローリーを探しハックルがマザーグースの物語の世界に迷い込むという設定になっている。 こちらもストーリー性があるので大きくなってからも楽しめる作品である。

            このシリーズで購入したのはこの商品が最後になった。子供は他のおもちゃで遊ぶ方が楽しくなって来て、30分近くビデオだけ見ると言う事がなくなってしまったからだ。ビデオ教材は理解しているかどうか判らなくても、小さな内から始めた方が良いと思う。

            子供は今7歳だが、ケーブルテレビの英語放送のアニメは台詞が全て聞き取れなくても気にせず見ている。けれど、友人の子供で英語に全く触れさせていない子供は、英語であるだけで「判らないから見たくない!」と言うそうだ。

            「アニメなんて絵を見ていればなんとなく判るのでは?」と思うが、英語に馴染みがないとそれだけ拒否反応が強くなるのだと思った。やはり英語は小さな内から始めた方が良いと言う事だと思う。

            子供の英語教育を振り返って 第7弾 - Best Silly Stories & Songs Video Ever

            0
              評価:
              Random House Video
              コメント:英語が全部聞き取れなくても楽しめる内容です!

              JUGEMテーマ:育児

              次に買ったのがこの商品。カワイくだらない(可愛い&くだらない=Silly)内容が子供の心を掴むようで、このビデオはかなり大きくなってからも見ていた。

              ハックルとローリーが図書館で借りたバカバカしいお話が集められた本が現実になっていくという設定だ。 お話に合わせた歌の中や登場人物の台詞に子供が使いそうな単語や表現が繰り返し使われているので、見ている内に一緒に言う様になった。

              子供の英語教育を振り返って 第6弾 - Best Learning Songs Video Ever

              0
                評価:
                Random House Video
                コメント:子供の大好きな歌がたくさん入っています!

                JUGEMテーマ:育児

                アルファベットもだいぶ理解して来たようだったので、次は子供が好みそうな英語の歌が入っているこの商品を購入した。 

                ハックルとローリー、学校の子供達で歌の発表会をすると言う内容になっているのだが、ビデオを見る子供は楽しく物の形、数、アルファベット、反対語を学べると思う。そして子供に必要なマナー(ありがとうの気持ちや分かち合う事の大切さ)も何気に教えている所が素晴らしいと思った。

                子供の英語教育を振り返って 第5弾 - Best ABC Video Ever

                0
                  評価:
                  コメント:Baby Einsteinシリーズに飽きたら次はこちら!

                  JUGEMテーマ:育児

                  Baby Einsteinシリーズに子供が反応しなくなり、そして言葉にならないお話しをする様になってからこの商品を購入した。

                  主人公の子ネコのハックルと毛虫のローリーが学校でABCを習うというお話だ。先生が授業の中でアルファベットを生徒達に教えていくので、子供も一緒に授業に参加している気分になれるのだろう。

                  日本語の50音よりアルファベットの文字数は少ないし、字の構造も簡単なので『文字』と言う意味で、子供が認識するのは英語の方が簡単なのではないかと言う印象を受けた。

                  登場人物やアニメが可愛らしく、子供が好みそうな作品なので作者がBest ABC Video Everと強気のタイトルをつけたのも判る気がする。

                  子供の英語教育を振り返って 第4弾 - Baby Mozart

                  0
                    JUGEMテーマ:育児

                    前作3つがとても良かった+Mozartは英語の勉強にもとても良いと言う事であったので、Baby Mozartも購入した。

                    こちらの画像のインパクトは弱めだった事やそろそろ子供もこの手のビデオがマンネリ化して来た様であまり興味は示さなかった。Amazonのレビューで高い評価をつけている人もいるので、見せる時期や子供の好き嫌いにも寄るのだと思った。

                    これ以降このシリーズの商品は購入しなかった。

                    子供の英語教育を振り返って 第3弾 - Baby Van Gogh

                    0
                      JUGEMテーマ:育児

                      子供の英語教育を振り返って........も段々時間が経って忘れつつある。
                      忘れない内に綴らなければ....

                      Baby Shakespearの次にBaby Van Goghを購入した。こちらは色がテーマになっている。 
                      取り上げられた1つの色が使われた物がテンポ良く画面に映し出されるので子供の目を引く。
                      画像は鮮やかでとても美しい。
                      他のシリーズと同様に途中途中パペットが使われて飽きさせない工夫もされている。

                      子供はとても気に入って見ていた。

                      | 1/4PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM