Rain Forest Discovery Tour @ Krabi

0
    クラビ滞在6日目はRainforest Discovery Tourと言うクラビ島観光のツアーに参加しました。こちらもホテルにお願いして1人1,200BHT≒4,164円でした。

    ホテル出発は同じ時間でしたが、このツアー自体に参加する人は少ない様でアイランドホッピングでアオナンに向かう人達と相乗りでした。中国本土からの観光客の方々は時間にルーズな人達が多い様で、ホテルに迎えに来た時間も遅かったですし、途中のピックアップポイントでもかなり待たされました。


    まずはKlong Thom Natural Hot Spring(クロントム天然露天風呂)に向かいました。温泉の成分はこんな感じです。

    20分以上入らないでと注意書きがありました。確かに気温が暑いですから長く入ると危険だと思います。

    結構入っている人がいましたが私達は足をつけただけにしました。

    日本の露天風呂と比較すると......と言う感じですね〜。

    竹にとげがついたような面白い植物を見かけました。

    次はエメラルドプールと言う天然のプールに行きました。

    泳ぐのは楽しかったですが、のんびり出来るところがないのであまり時間はいらないかも?

    魚もいました。

    お昼は敷地内のお店で。結構美味しかったです。

    この後はTiger Cave Templeに行きました。中国人の観光客のお陰でハプニングが......。観光は殆ど出来ませんでした(涙)行っただけと言う感じです。途中でもその方達が時間に遅れる等がありツアーの楽しさが半減でした。話した感じでは普通の人なのですが......困ったものです。アイランドホッピングも同じ様に感じましたが、予算的に余裕があればプライベートツアーとするのが良いと思います。

    4 Island Tour @ Krabi

    0
      JUGEMテーマ:旅行

      クラビ滞在4日目にアイランドホッピングのツアーに参加しました。料金はホテルで扱っているものも街の旅行代理店で扱っているものも同料金の様でした。ホテルでお願いすることのメリットは悪天候の場合自動的にキャンセル出来ると言う事で、ホテルで扱っていない旅行会社の場合は自分で連絡しなければならないと言われたのでホテルにお願いする事にしました。

      このツアーはライレイビーチ→Tup&Mo島→Chicken島(付近でのシュノーケリング)→Poda島が行先になっています。料金はホテルで支払うのが1名900BHT、島への入園料は直接支払で1人400BHTです。中学生は大人扱いと言われましたが......うちの子の顔が子供っぽかったからか?子供の入島料は200BHTしか取られませんでした。


      ホテルを9時に出発し、まずはアオナンの船着き場へ。どうやらツアーを主催しているのは1社の様です。なのでどこにお願いしても料金が変わらなかったのかもしれません。

      この日のツアーは3つでした。ピピ島、ホン島、アイランドホッピングです。名前が呼ばれたら船に乗り込みます。

      まずはライレイビーチ。パウダーサンドで綺麗なビーチでした。このエリアにもホテルはありましたが、船でしかアクセスできないらしいので今回は諦めました。ですが次回クラビに来る事があったら市内の安い宿に荷物を置いて最低限の荷物をもって宿泊したいと思います。

      ロッククライミングをしている人達もいました。

      ライレイビーチではあまり時間が取れず、次のTup&Mo島に行きました。

      引き潮時に2つの島が繋がります。

      綺麗なビーチなのですが....日陰がないので長居は出来ません。

      引き潮時、ここからもチキン島へ渡れますが流れが速い箇所があるのでとライフベストの着用が呼びかけられていました。

      このあとチキン島の全景が見える場所に移動。それからシュノーケリングをしました。特に案内はなかったのでビーチサンダルで来ている人も少なくはなかったです。主人も最初はアクアシューズは要らないと言っていましたが、説得して持ってきて良かったと思いました。素足で船から降りた人が岩かウニのトゲで足を切り.....それを見たアクアシューズを持ってきていなかった人達がシュノーケリングを止めると言う事態になってしまいました。しかし、この辺りの海は透明度が高いわけでも綺麗な魚がいるわけでもなかったのでシュノーケリングをする必要はないのでは???と言う感じです。

      最後にPoda島へ。ここではランチと長めに時間がとられていました。

      配られたお昼です。船酔いも考えて私と子供は殆ど食べませんでした。

      売店もありますがカップヌードルやスナック類の販売のみでした。

      こんなに時間があっても......と言う感じでした。雨季ですが雨が降らなくて良かったです。時期的なこともあるのでしょう。ネットの口コミで見たほど観光客で溢れているというわけでもありませんでした。

      Day Trip to Coral Island

      0
        JUGEMテーマ:旅行

        モンスーンの時期でも比較的影響を受けにくいという事でこのエリアを選びました。残りのプーケット滞在は子供が語学学校に行くためで町中に滞在する予定だったので、リゾートっぽくプールサイドでのんびりする予定だったのですが.....その日はAir Asiaのチャリティーイベントの為メインプールが利用出来なくなってしまいました。

        ホテルではお詫びとしてナイハーン・ビーチの高級ホテルのプールを利用させてくれるというオプションがありましたが、私達は折角なのでコーラル・アイランドに行く事にしました。

        ホテルを出発して船着場へ向かいました。



        この辺りの海は綺麗ではありませんでした。



        ここから小さなボートでコーラル・アイランドへ向かいます。



        曇り空だったので写真写りが悪いですが、白い綺麗な砂浜が広がっていました。良い時期に行ったらとても素晴らしいと思います。ホテル専用のエリアがあり、バスタオルやシュノーケリングの機材等は貸してくれました。



        コーラルアイランドにはホテルもありました。豪華さはありませんが、海を楽しむならば良いと思います。上の写真はそのホテルゲスト専用エリアです。私達の場所よりも少し位置的に良い場所にありました。



        子供と主人は初めてのバナナボートにチャレンジ。マリンスポーツは驚く位安い金額で参加出来ます。この時のバナナボートの料金はTHB700/人でした。雨季な割には透明度もまぁまぁでシュノーケリングも楽しめました。



        食事はこのエリアで取ります。ツアーで来ている人達はビュッフェランチが料金に入っている様でした。ビュッフェは割高なので私達はアラカルトを注文しました。3人でTHB654.5でした。ここでしか食事が出来ないので高いと思います。

        他の人が食べているものを見ましたが、値段の割には???と言う感じ。特に美味しいものが食べられるわけではないのでアラカルトで十分だと思います。



        ツアーの人はお昼ご飯が終るとすぐに出発していました。私達は2時過ぎ迄いられたのでこの後もシュノーケリングを楽しめました。人が極端に少なくなったのでこの後の時間の方がリゾート気分を味わえて良かったです。

        プーケットに旅行するならば海やビーチが綺麗な離島へは足を伸ばした方が良いと思います。 

        Hua Hin観光 - その2 Railway Station

        0
          HH Station

          Hua Hin Railway Station
          Built in the reign of King Rama VI, the station is one ot Thailand's oldest railway stations. In addition, it is one of the country's most beautiful train stations with unique architecture.
          - Rest Detail HotelのInformationより-

          Station 2

          Sation 3

          Station 4
          切符売り場

          Station 5
          鉄道の旅も楽しそうだ

          JUGEMテーマ:旅行

          Hua Hin観光 - その1

          0
            旦那は何も観光していないので、Rest Detail Hotel滞在中にフアヒンの町に出かけた。
            行きはホテルのシャトルでクロックタワーに連れて行ってもらって、そこから徒歩で動ける範囲内を見ようという事になった。

            Clock Tower Park
            女王様のお誕生日と言う事で町中に写真が飾られていた。運転手さんに「キレイな人ですね」と言うと「あれは若い時で今は違う」と言われた。確かにTVで見たら今は年も取っているし随分ふくよかになっていた。私達の滞在期間中、国王夫妻が丁度フアヒンに滞在していてパレードがあった。天気が悪かったので私達は見に行かなかった。 上写真右はフアヒン駅に向かう途中にあった公園。有名かどうかは判らないけどとりあえずカメラ

            Akiko
            途中のコンビニで売られていたお菓子。超の味ってどういう意味だろう?超美味しいって事かな?
            それとも超不思議な味って事?見た目はなんだかあまり美味しくなさそうたらーっ

            Tuk Tuk
            散歩とお昼が終った後、クロックタワーにはトゥクトゥクで戻った。運転手さんに料金を尋ねると、歩いても30分かからない場所なのに100BHTと言われた。ホテルからHua Hinの往復シャトルと同じ価格なので高いとは思ったが、まぁ観光の一貫と言う事で乗せてもらった。

            JUGEMテーマ:旅行

            ルンピニ ナイトバザール @ Bangkok

            0
              Night Market

              日本人の友達が連れて行ってくれたのが、このナイトバザール。
              以前タイ人の友達が連れて行ってくれたチャトチャックのマーケットよりもずっと小規模だが、慣れていない私達にはこちらの方が見やすかった。又夜なので多少暑さもましだった。

              黒のビキニが1,000円強で売られていたので購入。
              耐久性はないと思うが数シーズン持てば十分元は取れると思う。

              JUGEMテーマ:旅行

              ワット・ポー @ Bangkok

              0
                そして最後がワット・ポー。所謂寝釈迦像。

                Head Front Body Front
                まず入り口からはお顔が見えます。そして順路に沿って進んでいくと体の前面。

                Foot Foot Up
                こちらが足の裏。足の裏には蓮等が彫られています。

                Body Back
                体の背面もご覧下さい!

                Head Back
                そして上の写真が頭の後ろ。これでお釈迦様1周でするんるん
                私達だけでなく、後頭部のカメラを撮っている人は結構いましたわーい

                JUGEMテーマ:旅行

                ワット・アルン(暁の寺) @ Bangkok

                0
                  ワット・プラケオの次に向かったのがワット・アルン(暁の寺)。私は読んだ事がないので知らないが、三島由紀夫の小説の舞台になっているそうだ。

                  Wat Arun 1 Wat Arun2

                  途中まで階段で上がれると言う事なので、チャレンジしてみた。階段の勾配がすごくて背の低い私にはちょっと辛かった。登り終えて下を見下ろすと......びっくり

                  あとでタイ人の友人に話したら、その子は登った事がないと笑っていたたらーっ 地元の人の方がかえってチャレンジしないのかもしれない。こちらもオススメの観光スポットである。

                  WP R
                  裏手にはチャオプラヤ川が見える。川沿いにお散歩も出来る。

                  JUGEMテーマ:旅行

                  ワット・プラケオ(エメラルド寺院) @ Bangkok

                  0
                    昨年春にタイに行った時、旦那さんの赴任でバンコクに住んでいる友達から、駐在の人がプライベートで良くお願いすると言うドライバーさんの連絡先を教えてもらった。少し高いけれど普通のタクシーの様にボラれる事がないし、車もキレイなので日本人駐在の家族は利用する事が多いのだそうだ。
                    その時はその人は先約があって友達が来てくれたのだが、代わりの友達の方がずっと英語が上手だった。最後にくれた名刺にメールアドレスが書かれていたので日本出発前にメールした。夏のタイ旅行は、空港の送迎だけでなく滞在中の観光もその人にお願いする事にした。

                    バンコク市内を観光するならば、大人だけならパンダバスやウェンディーツアーの方がお得だと思う。だが子供が一緒だと無理なスケジュールは辛い。夏のバンコクはとっても暑いので、代表的な観光地を数箇所だけ回る事にした。

                    Wat P

                    まず最初がこのワット・プラケオ。ものすごく煌びやかぴかぴか 全部本物なんだろうなぁ。
                    とにかく暑く+子供と一緒でゆっくり鑑賞出来なくて残念だった。もしバンコクに行くならば、見に行く価値はあると思う!

                    JUGEMテーマ:旅行

                    チャトゥチャックのWeekend Market@Bangkok

                    0
                      JJ Market







                       マーケット内にある目印の時計台

                      『安く買い物をしたい』と友人に言ったら、連れて行ってくれると言ってくれたのがこのマーケット。友達は『Jatujak』と英語で書いていたので、最初はそれがガイドブックにある有名なマーケットと同じだとは判らなかった。

                      マーケットには友達が車で連れて行ってくれた。駅の反対側に無料の駐車場があるので、そこに車を止めて駅の中を通ってマーケットに行った。駅の入り口では警備員による持ち物チェックがあった。駅は新しいのかピカピカだった。地元の人だけでなく、旅行者も電車を使ってここにやってくる様だ。

                      JJ Station

                      本腰入れて(!?)お値打ち品を探したかったが、子供が「暑い」と文句タラタラだったのでマーケット気分を味わって少し買い物をして帰っただけだが、それでも十分楽しかった。下のサンダルは戦利品。もともと安い所を友達が値切ってくれたので(やっぱりローカルの人は強い!)150円位。もろビーチサンダルって言う感じではないので、夏に重宝しそう。耐久性(!?)は不明だけどたらーっ

                      Sandal

                      JUGEMテーマ:旅行

                      | 1/1PAGES |

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM