道後温泉本館@松山市、愛媛県

0
    JUGEMテーマ:旅行



    実際行くとがっかりすると言う話は聞いていましたが、それでも絶対にはずせないのがこの道後温泉本館です



    世界中から観光客が来るようで、フランス語のパンフレット迄用意されていました。

    旅行前はここに来たら、霊の湯3階個室と神の湯2階席の両方にしようと思っていたのですが.......もの凄い混雑で、松山到着初日の夜は休憩どころではなく、ようやく神の湯に入れたと言う感じでした。


     神の湯入浴のみは(階下)は入浴料のみなので、石鹸やタオルを持参しないといけません。お風呂は眺めが良いわけでも、ゆっくり入れるわけでもないので非常に微妙でした。入浴料は大人が400円、子供は150円です。

    翌日朝一で入浴しようと思ったのですが、同じ様に考える人も又多い様です。一番空いているのは皆が朝ごはんを食べる時間帯だそうです。



    霊の湯個室は満員でしたが、霊の湯の2階席は幸いギリギリでチケットが買えました。
    お値段が大人は1,200円、子供が600円とお高い分、タオル、浴衣の貸し出しとお風呂には石鹸等もあるので手ぶらで行かれるので便利です。

    ただお風呂が超狭い......人数が制限されているので神の湯程混んではいませんが、神の湯より更にゆっくりお風呂に入ると言う気になれませんでした。



    2階席はこんな感じです。雰囲気や眺め的には安い神の湯2階席の方が良いと思います。



    湯上りに出されたお茶とお菓子を頂いた後に皇室用のお風呂を見学させてもらいました。



    坊ちゃんの間も見学しました。



    途中ちらっと覗いた個室の休憩室です。やっぱりこっちに来たかったなぁ。



    帰りに皇室用の出入り口を見に行きました。



    中にいると良く判らないので、湯玉の模様の手すりと白鷺の飾りがついた囲いも良く見てきました。



    玉の石にお湯をかけて願い事をすると叶うそうです。私も子供もお願い事をしてきました♪

    ★☆★道後温泉オリジナルお土産を買いました。続きはコチラを!★☆★
    続きを読む >>

    おいでん屋@松山市道後、愛媛県

    0
      JUGEMテーマ:旅行



      四国最後の夜も四国の郷土料理と言う事でおいでん家に出掛けました。



      何が何でも鯛めしを食べなくてはと宇和島風鯛めしセット(1,100円)を注文しました。
      鯛のお刺身をご飯に載せて自分で鯛めしを作る?のです。



      こんな感じにセット?出来ました。

      鯛めしは2種類あって北条風鯛めしは炊き込みご飯なのだそうです。
      どちらも制覇したいので単品(400円)も注文しました。



      鯛らしきものが入っているのですが、味は良く判りませんでした。
      鯛自体淡泊なお味ですからね......。

      お店の雰囲気も良くお食事も満足でした。
      夕飯時はとても混んでいますので予約をしてから出掛けた方が良いと思います。 

      ホテル パティオ・ドウゴ@道後、愛媛県

      0
        JUGEMテーマ:旅行



        四国旅行最後のホテルは道後温泉のホテル パティオ・ドウゴでした。


        実際の外観はこんな感じです。

        予約はるるぶトラベルで、子供も大人として3名1室で申し込みをしました。1泊朝食付きで
        19,920円(税サ込)でした。子供を添い寝にすればもっと安く&他のホテルも予約出来たのですが、ゆっくり休みたかったので大人扱いにしました。



        添い寝ではなく大人3人なので多少広めの部屋にしてくれるのかなと思っていましたが、通された部屋は別館(?)の通常の2名用の部屋でした。そこにエキストラベッド(簡易タイプ)が入ったので、物凄い状態でした。

        インテリアはヨーロッパ調ですが、薄暗く居心地は悪かったです。室内だけでなく館内も老朽化している感じがしました。前2泊したダイワロイネットホテルが広くて新しかった(しかも室料も安い)ので、正直がっかりしましたが、道後温泉エリアはどこも高いので仕方がないのだと思いました。

        道後温泉での宿選びで重視したのが、道後温泉本館に近いと言う事でしたので、それを考えると良いホテルだと思います。バスルームはビジネスホテル並みですが、大半の人が部屋のバスルームは使わないでしょうから十分だと思います。

        道後温泉本館目当でのゲストの事を良く考えていてくれるなと感じたのが、アメニティが全て外に持ち出せるタイプであった事です。小さな石鹸、シャンプー、リンス等が、お泊りセットの様に1つ1つ使い切りになっていました。

        実はチェックインの時にちょっとしたトラブルがありました。予約した際に「朝食付き」となっていたのですが、フロントで確認したら「朝食はついていません」と言われてしまったのです。部屋に入ってスマホのGメールで予約確認メールをチェックしフロントへ向かいました。メールを見せて、無事?食券を頂く事が出来ました。



        朝食はホテル1Fにあるすしまるでした。あれ?このお店は.....と思ったら、前日に松山鮨を食べたお店の道後温泉店でした。よほどの旅館でもない限り朝食はあくまでもおまけレベルなのですが、ここの朝食は違っていました。食べれて良かった......。予約の確認書は必ず持っていかないとダメですね。

        もし道後温泉にもう一度来ることがあったとしたら........多分リピートはしないと思います。でも、道後温泉本館により近く、よりリーズナブルなホテルと思うならばおすすめです。

        坂の上の雲ミュージアム@松山市、愛媛県

        0
          JUGEMテーマ:旅行



          萬翠荘見学の後は殆ど隣にあると言っても良い、坂の上の雲ミュージアムに行きました。



          ここは歴史的な建物とかではありませんので、はっきり言って私も主人も興味がありませんでしたが、子供の強い希望で見学する事にしました。三角形の不思議な建物です。

          秋山兄弟、正岡子規、日露戦争に興味がある人は楽しいと思います。



          クイズに正解したので記念にとピンバッジがもらえました。
          付ける所はないのですが、子供はクイズに正解とか賞品とかがとても嬉しい様です(笑)



           子供は、坂の上のミュージアムバッジではなく、松山城と道後温泉のバッジを選んでいました(汗)


           

          萬翠荘@松山市、愛媛県

          0
            JUGEMテーマ:旅行



            松山城二ノ丸史跡公園の次は萬翠荘に向かいました。



            入館料は無料です。この日は結婚式が行われていたようで後片付けが終わる迄少し待ちました。こんな歴史的な建物の中で結婚式なんて素敵ですね。



            ガイドブックで写真が紹介されていたステンドグラスの窓も見る事が出来ました。

            二階は企画展をやっていました。こちらは有料です。絵には興味がなかったのですが、館内が見たかったので企画展を見る事にしました。子供は無料だったので私と一緒に、主人は階下で待っていました(汗)


            輪廻をイメージしているのか?不思議な絵でした。


            萬翠荘の中は撮影可なのですが、企画展の作品が写ってはいけないとの事でしたので、展示がないこのお部屋だけ撮影しました。


            敷地内も見学しました。

             

            正岡子規、夏目漱石の俳句発祥の庵は水害により倒壊してしまったのだそうです。残念....。

            愛媛県庁舎

            0
              JUGEMテーマ:旅行


               
              松山城二ノ丸史跡公園から萬翠荘に向かう途中にあった愛媛県庁舎があまりにも素敵だったので外観の写真を撮りました。

              なんと、映画「世界の中心で愛をさけぶ」のロケで使用されたのだそうです。


              松山城二ノ丸史跡公園

              0
                JUGEMテーマ:旅行



                子供がどうしても二ノ丸に行きたいと言うので坂道を下って降りて行きました。
                しかし......こんなに遠いとは......。

                 
                 史跡公園の入り口です。

                公園内はこんな感じになっています。



                かなり歩くと言う事もあり、ここまで来ている人は他にはいませんでした(汗)



                全体はこんな感じになっています。



                全体像?はこんな感じです。チケットには復路のロープウェイ代も入っているのと、リフトが楽しかった様で、子供はもときた道を戻りたがっていましたが.......ここまで来たら大通りに出た方が楽ですのでそれはやめました。

                松山城

                0
                  JUGEMテーマ:旅行

                  松山駅到着後は駅内の観光案内所へ向かいました。松山市内は丸一日で全て観光出来る様で、私達の様に一日半予定していた旅行者にぴったりのお得なチケットはありませんでした。

                   窓口のスタッフに相談して買ったのが松山城天守閣入場料、往復のロープウェイ・リフト代、ぼっちゃん列車1回乗車券がついている下の松山城らくトクセット券 1,000円(子供500円)でした。そして松山城に向かいました。



                  最初、ホテルにチェックインして荷物を置いて観光に出掛ける予定だったのですが、計画を変更したので、荷物はロープウェイ乗り場のコインロッカーに預けました。身軽になり、私達はロープウェイで、子供はリフトで上迄上がりました。





                  城内はこんな感じになっています。随分時間が経ってしまい、撮った写真がどこだかが判らなくなってしまいましたので、載せられなくなってしまいました。



                  城下を見下すとこんな感じです。





                  素敵だなと思ったのが上写真、門の奥に竹が見える「紫竹門」でした。
                  下に案内文を載せてみようと思います。



                  天守閣内の展示物は興味深いものがありました。





                  甲冑(もどき)の試着も出来て子供は満足だったようです。

                  帰りにロープウェイ乗り場で松山城クイズをしてきました。正解が多かった人は後日認定証が送られてくるとあり、それが丁度子供の誕生日の日に到着しました。



                  結構な問題数あった中、1問か2問間違えただけだったので上級者に認定されていました。

                  子供にとって良い記念になった事だと思います。

                  松山鮨を食べる@すし丸本店 愛媛県松山

                  0
                    JUGEMテーマ:旅行

                    午前中に高松を出発しお昼に松山に到着しました。

                    松山駅で観光案内所に寄り、まずは観光にお得なチケットを購入。路面電車で松山城最寄駅に向かいました。まずはお昼ご飯です。

                    夏目漱石が、正岡子規宅を訪ねた際に御馳走になり、たいそう喜んだと言う郷土料理の松山鮨を食べにすし丸本店に向かいました。



                    商店街のメインストリートからちょっと脇に外れた場所にお店はありました。



                    凄く素敵な落ち着いたお店でした。



                    お吸い物付きで1,100円です。瀬戸内海で捕れた魚介類がトッピングされているそうです。
                     

                    高松土産 & Others

                    0
                      JUGEMテーマ:旅行

                      公共交通機関で四国内を動き回る旅なので、最後の最後迄お土産は買えませんでした。

                      でもその土地ならではの食べ物を食べてみたかったので、お土産ではありませんがちょこちょこと面白そうな物を買ってみました。



                      羽根さぬき(落雁)525円と和三盆ふんわりクッキー 370円。高松駅のKioskで買って愛媛への移動の電車内で食べました。美味しかったのでちょっとしたお土産に良いと思います。

                      右の写真はコンビニで買った四国のミネラルウォーターです。

                      四圀剣山天然水 500mlで100円です。

                      ついつい珍しくて旅行に行くとお水もその土地のものを買ってしまいます。


                      | 1/3PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM