Sheraton Keauhou Bayであったトラブル

0
    車椅子生活をしている弟は旅行は国内外とも何度もしているが、いくら事前に宿泊施設に問い合わせをしていても、現地に着くと予約時の説明とは違っている事が多いらしい。私はそれを聞いていたので、日本に居た時に日本の予約センターにもハワイ島のシェラトンにも確認して予約を入れておいたのだが、残念ながら同じ様な事態が起きてしまった。

    弟がチェックインしたのは、私の家族(子供と主人)がチェックインしてから2日後であった。日本で弟と実家の両親の予約の際にリクエストしたのは、私達の部屋の比較的近くで、車椅子仕様(ロールインシャワーというシャワーブースの中に椅子が設置されているバスルームの部屋)、ベッドは1キングにエキストラベッド1台の部屋であった。

    しかし最初に通されたのは、私達の部屋とは違うフロアーで、バリアフリーの部屋ではあるがお風呂がロールインシャワーではなく手摺がついたバスタブのみ (シャワーは可動式。通常の部屋のシャワーは固定式)の部屋でセミダブルのベッド(エキストラベッドは用意されていなかった)の部屋であった。フロントに連絡して日本人の担当者を呼び出してもらい、予約の状態と違う事を伝えて部屋を変更してもらった。

    次に通されたのは、お風呂は希望通りになっていて私達の部屋からも近かったが、ベッドがセミダブルでエキストラベッドが用意されていない部屋であった。再度連絡して折り返しの電話を待った。しばらくして外人のマネージャーから連絡があった。状況を最初から説明した。私達の希望通りの部屋はあるが、移動する前に一度確認して欲しいとの事であった。私が予約を入れたのは山側の部屋であったが、通された部屋はパーシャル・オーシャンビューの部屋であった。マネー ジャーが言うには私達が予約した条件の部屋はホテル内に2部屋しかないのだそうだ。どうやらインターネットの情報が間違っていた為に今回のトラブルが起きてしまったようだ。
     

    障害者用の駐車スペース

    0
      他の島では全く気に留めていなかったので判らなかったが、有料の駐車場のあるショッピングセンターであっても、道路沿いに障害者が車を停める事の出来る(しかも無料)駐車スペースがある所が多かった。それらは車の出し入れがし易い位置にある上に、レストランやショッピングセンターへのアクセスも良くとても便利であった。

      ホテルから一番近い小さなショッピングセンターに行った時に障害者用のスペースに車を駐車した。食事を済ませ車に戻ると違反の警告の紙がワイパーに挟まれ ていた。ショッピングセンターが発行していた物であったので刑罰はなかったが、念の為にホテルの人に相談した。障害者用のスペースに駐車するには、車椅子マークのステッカーがないとダメなのだそうだ。後日役所(Mayor's Office)を訪れて相談したが、当たり前だがこのステッカーはアメリカに税金を納めている人しか交付を受ける事は出来ないと言われた。

      しかしホテル内の駐車に関してはセキュリティオフィスの人に相談したところ(フロントの人は問い合わせはしてれず、直接セキュリティオフィスを訪ねる様に言われた。)仮のステッカーを発行してくれた。

      又カイルア・コナのレストランに食事に行った時は、レストランの人に相談するとスペース利用を承諾してくれた。障害者用の駐車スペースの利用に関しては、個人の敷地内であっても見回りが厳しいが(ひどい場合は車両を移動されたり罰金が課されたりする)相談すれば大丈夫なケースも多いのではないだろうか。

      車椅子使用者(手動装置付)用のレンタカー手配

      0
        弟は“自分で日本で予約してくる”と言っていたのに、なんと予約せずにやって来てしまった。

        “通常の車ならともかく手動装置つきの車が全部借り出される事はないだろう”と思っていたようだが、実際は予約が入ってから装置をつけるのだそうだ。というわけで、ダラー・レンタカーでの当日レンタルは出来なかった。

        最低でも48時間前の予約が必要で、手動装置が付けられる車種はラグジュアリータイプだけなのだそうだ。

        車椅子でのハワイ島観光(ツアー)

        0
          ハワイ島旅行は私の実家の家族と一緒だった。弟は車椅子なので色々と手配が必要だった。

          オアフは比較的車椅子でも動き易いのかもしれないが、ハワイ島内の観光となるとなかなか難しいようだ。

          体の状況等をきちんと説明したかったので、日本語のツアー会社に問い合わせたが、足場が良くない所を歩かなければいけない溶岩ツアーはもちろんの事、星空 観測ツアーなども自分で歩行が出来ない障害を持つ人は参加できない。ツアーの車がバンなので車の乗り降りを家族が介助出来るならばよいが、そうでなければ ダメなのだそうだ。

          それでは英語のツアーはどうであろうかとポリネシアン・アドベンチャーロバーツ・ハワイに問い合わせした。ポリネシアン・アドベンチャーからは不可との返事が来たが、ロバーツからは参加希望日にリフト付の車が空いていれば大丈夫と返事があった。割引で予約したかったのでまずインターネットで申込みをして、その後電話で予約番号を告げた。数時間でOKの返事が来た。

          日本のツアー会社では“車に乗り込むのに家族の介助が必要”といわれたが、こちらでは普段使用している車椅子のままリフトで車内に乗り込む事が出来るので特に問題はない。車内では車椅子のブレーキをかけ、車輪をチェーンのベルトで固定して乗車した。

          以下が降車した観光スポットだ。

          1) Coffee Plantations
          2) Black Sand Beach
          3) Volcanoes National Park
          4) Volcano House(ランチは各自)
          5) Jagger Museum
          6) Volcano Observatory
          7) Thurston Lava Tube
          8) Akatsuka Orchid Gardens
          9) City of Hilo (Big Island Candiesに停車)

          7)のLava Tubeは狭い洞窟の中を歩くので見学出来なかった(見学時間は15分程度)が、それ以外は健常者と同様に見学出来たので弟も満足であったようだ。

          CC Fashionsでムームーを買う @ Oahu

          0



            オアフ滞在中にどうしてもムームーが買いたかった。素敵なデザインで尚且つ自分に合うサイズを探すのに何店舗も足を運んだ。ガイドブックに載っていて“センスが良く安価”とあったプリンセス・カイウラニのアウトレットに迄行ってみたが大きいサイズしかなく(お直しは出来るそうだ)、値段も素敵だと思う物は結構した。少し大きめではあるが、シアーズかメイシーズで買ってしまおうかなと思っていたところに、無料の情報誌でこのお店の記事を見つけた。

            場所はウォルマートの道路を挟んだ反対側のフォー・サイゴンがある小さなショッピングセンターの奥の方。日本人のオーナーが自分でデザインしたムームーを販売している。私が行った時オーナーは赤のムームーを着ていた。スタイルが良く綺麗な上品な感じの人なのでとても良く似合っていた。

            店内には伝統的な物からパーティ風にアレンジされた物迄たくさんのデザイン、色、サイズのムームーが揃っていた。私は1着しか購入するつもりがなかったの で、何着も試着するのは申し訳ないと遠慮していたのだが“実際着てみると雰囲気が全然違うから”と、とても感じ良く対応してくれて良さそうなムームーを何着も選んでくれた。

            Honolulu Cookie Company @ Oahu

            0


              Poipu Shopping Village @ Kauai

              0

                シェラトン・カウアイから歩いて10分位の所にある。ABCストアの様な雑貨屋やレストラン、不動産屋さん、ちょっとお洒落な衣類の店もあってここに来ればとりあえずの物は揃うと思う。

                オアフ校外のショッピングセンターとも又違う、駐車場からの景色もなんとなく良い感じであった。

                ここではお土産ではなく自分達用を購入した。

                Honolua Surf Co.のラッシュガード

                半袖のラッシュガードはオアフで購入したが、子供と海で遊ぶには長袖が必要な事に気がついた。ポイプ・ショッピング・ビレッジのお店を覗いたら、お手頃な価格のものがあったので購入した。丁度セールでかなり得した気分になった。


                Crazy Shirtカウアイ・オリジナル(ポイプ・ビーチ)のTシャツ

                家族3人でお揃いにしたかったのだが子供用がなく、夫婦2人だけペアにした。

                ホノルル発カパルア行アイランド・エアー便

                0

                  小型の37人乗りの飛行機。

                  人あたりの荷物の重量が20Kg、それ以降は追加料金がかかる。そして1つの荷物の重さが31Kg(70ポンド)を超えた場合 は預かってくれないのだそうだ。(実際は私達は20Kgをオーバーしたが、少しだからと追加料金は取られなかった。)シートは革張りで座り心地は良かったが、小型なので結構揺れた。

                  機内サービスはお水が写真のグアバ・パンチ。私は結構好きな味だった。

                  The Busの定期券を買う

                  0


                    通学用にバスの定期券を購入した。利用月で柄が変わっていた。

                    ワイキキで病院に行く(Doctors On Call)

                    0


                      子供を抱っこしたりするせいだろうか2日前から背中から腰に掛けて痛みがあり、とうとう今朝は起きれなかった。これ以上ひどくなるとこまるので病院に行きたいが、費用が滅茶苦茶高いと聞いた事がある。不安に思い、まずコレクトコールでクレジットカードの旅行保険の現地連絡先に電話した。症状等を説明するととりあえず、保険でカバーできそうだ。行きたい病院も特にないのでお金を立て替えずに済む提携の病院を聞いた。ワイキキならば、シェラトン・プリンセス・ カイウラニ内のドクターズ・オン・コールになるそうだ。

                      子供を幼稚園に送った後にすぐ向かった。待合室はとても寒かった。まず受付で名前を書き、呼ばれたらクレジットカード(保険を付帯しているカード)とパスポートを提出した。次に問診表、保険会社に提出の書類、現地と日本での連絡先の書類の必要事項を記入した。30分程で呼ばれ、熱と脈拍を測られた。

                      日本人(日系人?)のおばあさんに症状を説明し、通された部屋で待った。10分程でそのおばあさんと一緒に先生がやって来た。どうやら先生におばあさんが通訳してくれるようだ。先生の言っている事や質問は判ったので一応自分で答えたが、もし英語に自信がなくてもその人が通訳してくれるので大丈夫だと思う。

                      診断の結果、筋肉疲労という事で鎮痛剤と筋肉弛緩剤をもらった。両方とも強い薬らしく、特に筋肉弛緩剤は眠くなるので、様子を見てから日中も服用するかを決める為に最初は夜に飲むように言われた。薬はその場ですぐもらえた。

                      ハワイ大学のコースは欠席するのに必ず電話連絡が必要だ。連絡したら診断書をもらってくるようにと言われた。先生にお願いしたら料金は取られなかった。写真の薬の下の紙が診断書。とっても簡単なメモだ。“この患者は○月○日通常の義務が果たせない状態であった”という内容だった。その下の備考欄にコメント があったが字が読み辛く読解不能。

                      | 1/2PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM