最後のアクティビティ

0

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    日本人の友達と固まって居た時は学校のアクティビティに参加したがりませんでした。しかし、1人になって、子供はいつものペースを取り戻しました。

     

    一番最初に参加したバーベキュー&ビーチバレーにクラスの人が皆参加するので自分も参加したいと言って来ました。決まった友達と行動しない事で、クラス外にもお話しする人が増えた様です。最後の1週間でしたがとても良い経験になったと思います。

     

    この日はずっと学校の先生や友達と行動していました。私と日本からやってきた主人はお迎えの時間に現地に向かいました。

     

    今回スマホばかりいじっている様では困る&送迎は必ずするのでスマホを持たせませんでした。私が到着するとタブレットを貸して欲しいと.......クラスメートとfacebookで友達になっていました。

     

    今迄と違って日本人以外と友達になることはないだろうと諦めていましたが、最後の1週間でいつも通りの留学に戻れて良かったです。


    留学最終週(子供)

    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      前の週の週末にケンブリッジ検定試験が行われました。それに伴い学校のケンブリッジ対策コースは終了した様です。

       

      前の週とイッキに授業の内容が変わり、カンバセーション中心の授業になった様です。1週間緊張した日々を送った子供は楽しく、それなりに難しい授業で滞在中一番有意義な時間が過ごせたと言っていました。

       

      色々な国籍の人の文化や考え方に触れられるのは楽しいと帰宅後に嬉しそうに話してくれました。子供のクラスも割合的には日本人が多かったです。ですが、日本人同士でも会話は英語でと言う取り決め?があり、よほどでない限りは会話は英語で行われていたという事です。上から2番目のクラスなのでそうしても十分コミュニケーションが取れる人が集まっていると言う事もあるのだと思いました。

       

      外国人だけでなく、日本人の生徒さん達もとても良くしてくださり本当にありがたかったです。責任者に掛け合ってくださった高校進学準備コースの先生に感謝です。


      自分の居場所を作る

      0

        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        高校進学準備コースでは日本人の友達とずっと一緒に行動していました。ですがその友達も4週目で帰国します。子供は1人残されます。又、私もこの週で学校は終わりです。もし子供が引き続き日本人の友達と一緒に行動していたら、翌週1人ぼっちになってしまうのです。

         

        私は子供に日本人の友達と一緒にいるのではなく、なるべく同じクラスの友達(大人)と一緒にいなさいと伝えました。子供は今迄の留学先に日本人が殆どいなかったので、日本人とつるんだことがありませんでした。しかし、今回初めて日本人に囲まれて、その居心地の良さを知りました。その反面、今までと違い英語を使用する頻度が極端に減っていることも実感していました。

         

        日本人の友達は子供が急に一緒に行動しなくなった事をヒドイと感じたと思います。周りの日本人の大人も不思議に感じたでしょう。理解してもらえたかは判りませんが、私は「皆が帰国した時に本当の1人ぼっちになるので、私が子供にクラスの人と行動しなさいと話しました。」と話す機会があった日本人の方々にお伝えしました。

         

        幸い子供のクラスには、国ごとに固まる人達が少なかったのでなんとなく一緒にいられる人が居たような雰囲気でした。翌週1人になっても大丈夫そうで安心しました。


        Cambridge Test Preparation Course (FCE)

        0

          JUGEMテーマ:学問・学校

           

          子供が移動になったのはケンブリッジコース(FCE)でした。入学時のレベルチェックで高校進学準備コースの子供は皆同じレベルと言われたと言うのにおかしな話です。

           

          授業はケンブリッジ検定受験に沿ってなのでかなり難しくなったと思います。学校が終わってからコンドに戻ってからの勉強時間が大幅に増えました。それまでは音楽を聞きながらやっていた宿題も音楽をかけずに取り組んでいました。

           

          今までの3週間も同じ様だったらどれだけ英語力がついたかと思うと本当に悔しかったですが、最後の2週間だけでもきちんと勉強できるのだから、これで良しと思わなければいけないなと思いました。


          留学第4週目(子供)

          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            月曜日の午前中、子供の担当の先生にクラスUPの事についてお願いしてみました。なんと先生も同じことを週末に考えていたと言って下さいました。明らかに他の生徒とレベルが違うと感じていたので、責任者の先生と話してくださると言う事でした。

             

            この日は午前中は確認テスト、それから通常授業です。しかし、教室を覗いてみるとアルバイトの先生に何か習っています。途中の休憩で子供に聞いてみると数学をやっていたと......。

             

            第一週の本来数学をやる時間に「数学はつまらないのでやめましょう」と別の先生が言っていたのに、何故4週目になっていきなり数学???これもおかしなことだと思います。理由は明らかです。3週目で小学生がいなくなったからです。本当にヒドイ話です。

             

            前の週は責任者の先生に直接話してクラスUPをお願いしたのに、結局多少宿題を出す位で片づけられてしまいました。この学校、正規の先生は本当に良い先生ばかりなのです。でもマネージメントが悪いのです。私は心配になってもう一度先生に聞いてみました。午後の授業からクラス替えなので大丈夫だと言ってくれました。

             

            午後は月曜日新しく入学した生徒とクラスUPした生徒のクラスが掲示板に貼られます。しかし子供の名前はありませんでした。子供に担任の先生にどこのクラス行けば良いか聞くようにと伝えました。

             

            途中の休憩時間に他のクラスを覗くと子供は無事大人のクラスに移動することが出きていました。3週間全く無駄ではありませんでしたが、支払ったお金に見合った授業ではありませんでした。同じ期間をマレーシアの学校に通ったとしたならばどれだけ英語力がついていただろうと悔しくなりました。


            子供だけの留学大丈夫?

            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

              3週目の終わりで2人高校生が帰国です。最後の授業では皆の前でスピーチがあるのですが1人の子はそれが嫌だと、丁度やってきた親にお願いして授業も受けず観光に行ってしまいました。

               

              もう1人の子はスピーチしましたが、LINEの翻訳機能?で日本語を英語に変えたものを読んでいました。大体言いたい事は分かりますがこれならばお礼だけを言って終わりにした方がマシだと思いました。

               

              この日は学校のアクティビティがありました。お昼を食べる時間がなかったので近くのフードコートで済ませて集合場所へ。少しだけ参加してその後プールに行きました。

               

              翌週も残る子が帰国する女子高校生と約束したと途中でたまたま合流しました。又別の子は男子高校生と合流するとの事だったので、みんなでプールで遊んでさよならしようと言う事になりました。

               

              しかし又々問題が。なんと、ちゃんとした時間を決めていなかったようなのです。これには参りました。携帯を持っているならばまだしも、海外で使える携帯をもっておらず、外ではLINEが使えないので連絡が取れないと言う事なのです。途中男子高校生とは連絡がつきましたが、いくら待っても彼は来ませんでした。

               

              学校が終わった後、水着を買ってからプールにくると言う話だったのに、ホストファミリーに言い忘れたので帰宅したとの事。そこでお昼を食べたので時間が遅くなったと言うのです。アクティビティの場所に寄ったと子供達に話した様ですが、その後電話を代わると全く違う事を言っていました。

               

              時間がもったいないのでその場にいる子供達をプールで遊ばせ、私達は待っていました。プールで遊ぶ約束だったのに水着は買っていませんでした。気が変わったのだそうです。しかもその後別の友達との予定が入っているとのことでした。1人の子を誘ったのはそれまでの時間つぶしの為であることが分かりました。

               

              今後の残る子供は全員親が一緒の子達だけなのでもうこの様なトラブルには巻き込まれないと思います。今回会った高校生の危機管理能力は小学生レベルでした。海外と言うで子供達は気が大きくなってしまっているのでしょうか?だとしたら本当に恐ろしい事だと思います。


              留学第3週目

              0

                JUGEMテーマ:学問・学校

                 

                週明けの確認テストで子供は90点取れていました。明らかにレベルが違うと先生も認識した様で、子供にだけ日記の宿題が出されました。

                 

                1人の高校生は英語が苦手で無理矢理親に送り出された様子。本人のやる気がないので2週間目になっても先生の指示が聞き取れない様です。宿題も全くやってこないのですから当然だと思います。親は留学させれば英語力があがると思っているのでしょうが、来ただけでは英語力はあがりません。

                 

                小学生の子も周りの環境が緩いのでモチベーションが落ちてきた様子。先生が宿題を出すととても嫌がっていたそうです。

                 

                私は前の週に責任者の先生に相談したので、子供のクラスアップをいつかいつかと待ち望んでいました。しかし宿題がちょっと増えただけで兆候はありませんでした。

                 

                木曜日の午後、先生が子供を呼びだし質問したそうです。授業が簡単すぎて退屈しているのではないかと。子供は先生に悪いと思った様で簡単だけれど退屈ではないと答えたそうです。先生は良かったと喜んでいたと言っていました。

                 

                金曜日の午後にクラス移動の話が子供達にありました。帰国する生徒が多くなったので、高校入学準備コースを解散し、大人のクラスに入れると言うのです。あれだけ子供は大人のクラスに混ぜる事は出来ないと言っていたのに、これもおかしな話です。

                 

                レベルは大きく4つに分かれていて子供がいるクラスは下から2番目です。最初の週に子供のクラスから大人のクラスに移動した高校生は同じレベルの大人のクラスでしたが、ここの内容は良くなさそうだと子供が言っていました。少人数なので我慢していましたが、3倍の人数でレベルが合っていないクラスに入れられたら本当に何をしに来たのかわかりません。

                 

                週明けにもう一度先生と話してみようと思いました。


                危機感が全くない子供達

                0

                  JUGEMテーマ:学問・学校

                   

                  2週目の終わりに1人の高校生が帰国しました。金曜日は半日の授業なので帰りに皆でご飯を食べて少し買い物をしたいと1人のお子さんから提案があったようです。子供は気が進まない様でしたが、送別会も兼ねているので悪いよね?と参加する事にしました。

                   

                  お昼はショッピングセンターのフードコートで。子供は15才になっていないのでどこに行くにも私が一緒でなければいけません。他にもそういうお子さんがいたので、親同士は少し離れた所で子供達を見守っていました。

                   

                  そろそろお開きにした方が良いと言う時間に、子供だけで留学してきたお子さん達に何時にどのような手段でホームステイ先に戻るのかと聞いてみました。

                   

                  1人を除いてバスで帰宅するとの事でした。その1人はホストファミリーが迎えにくると言う事になっていたらしいのですが、なんと待ち合わせ場所を忘れてしまったと。「どこも似ているからわからなくなっちゃった」と焦っている様子はありませんでした。

                   

                  ステイ先に連絡しようと電話番号を尋ねると「知らない」との事。これにも驚きました。そしてこの集まりを企画した他の高校生はそれぞれ自分たちの都合で帰ろうとしていました。

                   

                  もう1人のお母さんがその子達に1本遅いバスで帰る様にと話し、私たちはその場を離れました。未成年の子を置いていくなどヒドい事だと思われる方もいるかもしれません。しかし、本当に困っているならばともかく、どうにかなると安易に考えているその子は問題がありますし、誘ったならば皆がどの様に帰宅するかを確認せず解散しようとした他の高校生の配慮のなさにも問題があります。こちらにも予定があるのでそれを変更する事は出来ません。

                   

                  私は子供にもうこのような集まりがあった場合は参加しないようにと話しました。子供も元から気乗りしていなかったので次回は送別会であっても行かないと言っていました。

                   

                  海外旅行が身近になった事で、海外でも日本と同じようにして大丈夫と勘違いしている子が増えているのでしょうか?恐ろしい事だと思いました。

                   

                  週明けにどうだったかと子供が尋ねた所、待ち合わせに中々会えず、ホストファミリーにかなり怒られた様です。これに懲りて今後はしっかりしようと言うのではなく「もう集まりには行かない」と言っていたそうです。この様な考え方をするのでは、やはり気を使って最後迄一緒にいてあげなくて良かったなと思ってしまいました。


                  留学第2週目

                  0

                    JUGEMテーマ:学問・学校

                     

                    2週目には又新しい日本人の高校生が入って来ました。これでは日本で英語学校に通うのと変わりません。

                     

                    前の週に大人のクラスから落ちてきた高校生2名が短期滞在だったのは仕方がないとも思えますが、今度は最初から短期しかも1週間で高校編入プログラムと言う子が入って来ました。最低4週間からと言う事だったのに、本当にひどいなと思いました。

                     

                    更に困った事に今までのメンバーより英語力がない子が来てしまったのです。先生も大変だったと思いますが、私も余計に不満がつのりました。

                     

                    子供は毎日宿題を5分ぐらいで終わらせてその後YouTubeばかり見ていました。大人のコースでは宿題が足りない場合は追加してもらえるので、子供に先生にお願いするように言うと、子供のクラスでは進度を揃える為に1人だけ多く出すことは出来ないと言われたのだと言っていました。

                     

                    授業の方は内容は簡単だけれど雑学的に面白い事があるので、全くつまらないわけではないと言っていました。しかし、学校でしか勉強していない事は事実ですし、休憩時間は他の生徒さんの携帯でゲームをしておしゃべりするなど留学に来ているとは思えない状態でした。

                     

                    私のクラスの先生に相談すると、誰に相談したら良いか教えてくれました。私は毎回受付に相談していたのですが、それではダメだったようです。この学校ではマネージメント側と先生との間で上手く意志の疎通が行われていないようです。マレーシアの時は先生、スタッフ、校長の間の風通しがよく人間関係も上手く行っていた様だったので誰に話しても問題ありませんでした。この点においてもオーストラリアの方が劣っているのだと感じました。

                     

                    しかし、こちらは高いお金を払って勉強しに来ているのです。私は思いきって金曜日に一番の責任者の先生にお話してみました。次に偉い先生が子供の先生と相談してくれるとの事でした。

                     

                    その日は子供だけ宿題が多く出されました。しかし10分程多く時間がかかっただけで宿題は終わってしまいました。


                    留学第1週目最終日

                    0

                      JUGEMテーマ:学問・学校

                       

                      先週の金曜日はアクティビティがありました。バーベキューとビーチバレーで参加費はAUD5$でした。

                       

                      最初に受付でお迎えに行く場所を尋ねた時には、現地に来るようにとの事でしたが、前日子供が持ってきた案内には学校に戻ってからの解散と書かれていました。一体どちらが本当なのかわからないのでもう一度確認すると、やはり現地でピックアップOKとの事。きちんと知らせて欲しいものだと思いました。

                       

                      アクティビティはそれなりに楽しかった様です。しかし、参加者は殆ど日本人だったとの事。でも運動系のアクティビティで体が動かせたので良かったと思います。

                       

                      バーベキューは本当のバーベキューかと思いましたが、ホットドッグとハンバーガーだったそうです。期待してしまうので違う名前にして欲しいなと思いました。味の方は......参加費AUD5$ですから仕方なかったようです。


                      | 1/2PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM