ペナン最後の日 - ランカウイ島へ

0
    朝幼稚園で挨拶を済ませて帰ろうとした時に、インド人のママさん2人と会った。「午後又ね!」と一旦門の外に出て行ったが、こちらを向いて手招きをする。どうやら自分達の午前中の予定を変更して、私達の為に時間を作ってくれたみたいだ。申し訳ないけれどとても嬉しかった。

    NK 1 NK 2

    1人のママさんの車に皆で乗り、リトルインディアで一緒に朝食を食べた。彼女達が連れて行ってくれる店は毎回違うが、いつも衛生的で冷房が効いている。いつもご馳走になっているので「今日は私達に払わせてください」と支払いの際に無理やりレシートを取った。1人のママさんは「ちょっと待って、チェックするから」と支払いの時も私達がボラレない様に側で見ていてくれた。

    その後は眉毛の手入れ屋さんに行った。食事の時に2人の眉毛がとても良く手入れされているので、どうしているのかと聞いたら「お店に行ってやってもらっている」と教えてくれた。そして行き付けのお店に連れて行ってくれた。剃るのではなく糸で無駄な部分を抜いていく。RM8≒292円だった。2人とも2週間に1度通っているのだそうだ。日本なら半分はそり落とされてしまうが、インド人は毛が濃いので抜くだけで良いのだそうだ。1人のママさんが「あとは無駄毛が生えてきたらその部分を抜いて形を整えれば良い」とアドバイス迄してくれた嬉しい 

    このママさん達と出会えて、本当に楽しく珍しい経験が出来たと思う。子供を迎えた後、もう1人のママさんが9月にある妹の結婚式に配る招待状のサンプルをくれた。「もしあなた達がこの時にいたなら、インド式の結婚式を見せてあげられたのに残念」と何度も言ってくれた。

    部屋に戻り最後に電気料金の精算を済ませ、迎えのタクシーに乗ってコンドを3時に出発した。あの変なタクシーの運転手さんを断った後、毎日幼稚園迄送迎してくれた良い運転手さんだ。結局ランカウイへはKuala Kedah迄タクシーで行き、その後フェリーを利用する事にした。毎日お金にならない仕事ばかりお願いしていたが、「最後に長距離の仕事を頼むことが出来て良かったね」と母と言っていた。Kuala Kedah迄は片道2時間。運転で疲れるだろうとフォーリーブスのクッキー、金色の折り紙の折鶴、冷やしておいたミネラルウォーターを渡した。

    ペナンブリッジを渡った後の景色はペナンと全く違ったものであった。しばらく走ると水田が広がり、その後油椰子のプランテーションが見えた。マレーシアに自然が多いと言うのは納得した。予定通り2時間でジェティに到着。タクシーの料金は、前に料金を確認した時はRM230〜240と言っていたのにRM200にしてくれた。乗り場迄荷物を運んでくれただけではなく、掲示板の時間や乗り場の番号迄チェックしてくれるなど本当に親切にしてくれた。「もし来年ペナンに来る時は又お願いします」と最後に握手をしてお別れした。

    フェリーは1時間半でランカウイに到着した。船内では気分を悪くする人も居なかった。料金は高くなるが、ペナンからランカウイに行く場合はフェリーの本数が多いのでこの方法は悪くは無いと思う。予約したホテルに無事到着し、ホテルの系列のレストランで夕食を食べていた時に携帯の着信履歴に気づいた。なんとタクシーの運転手さんからだった。「忘れ物でもしたのかも.....」と不安になって電話すると、なんと運転手さんは、私達が無事にランカウイに到着出来たか心配で電話をくれたのだそうだ。感激した。

    ペナンでは、インド人のママさん達、幼稚園のスタッフや先生、そしてこの運転手さんと言い、短期間で本当に良い人たちに出会う事が出来た。町や海が汚い、中国人のマナーが悪いetc気に入らない事もあったけれど、昨年同様良い思い出がたくさん出来た。バスでスリに遭った母も「ペナンの印象はとても良い」と言っていた。私達は単にラッキーだっただけなのかもしれない。でもこんな素敵な出会いが、私や子供を2年連続でペナンに向かわせた理由の1つなのだと思う。来年の夏も子供の学校さえ見つかれば、又是非ペナンに行きたいと思う。

    7月30日ペナン滞在記

    0
      幼稚園の友達へのお別れのプレゼントに缶入りドロップと折り紙で折った鶴を渡すことにした。+男の子には手裏剣、女の子には蝶を折った。先生には日本から持って来たハンカチと折鶴1羽、事務所の人にはフォーリーブスカフェでクッキーを買った。

      買い物を終えてバスに乗っていると1人のインド人のママさんから電話があった。幼稚園に到着するとプレゼントをくれた。友情についての詩がかかれたステンドグラスだった。メッセージが書かれたカードもくれた。とても感激した。

      Friendship

      幼稚園の先生は7/31から2週間休暇を取るとの事だったので1日早くお別れをした。
      帰りにちょっと雑談をする時間があったのだが、子供はなんとか授業について行かれていた様だ。

      ペナン最後の晩餐はソウル・ガーデンへ。シーフードチジミ、石焼ビビンバ、冷麺を注文した。
      2ヶ月ペナンに滞在したが、美味しいと思ったのはインド料理、飲茶、韓国料理、タイ料理。
      マレー料理は.......それ程でもなかったかな?

      7月27日ペナン滞在記

      0
        昨年知り合ったママさん2人と子連れで夕飯を食べに行く予定だったが、天気が悪いので私達の部屋で集まる事にした。来週の火曜日にはランカウイへ発つので食料は殆どない。ガーニー・プラザで買うのは高いから、ママさん達がどこかで調達して来てくれると言ってくれた。その言葉に甘えておやつや飲み物、サラダだけ用意する事にした。

        Cold Storageの野菜売り場に行くと何度かサラダのアドバイス(!?)をしてくれた店員さんがいた。「今日はどれにしますか?」(すっかり覚えられているたらーっ)と聞いてくれた。「この間勧めて下さったが美味しかったので.....」と答えると、まさにそのサラダセットを渡してくれた。おまけに賞味期限がもう少しで切れるドレッシングもたくさんくれた。店員さんは「今度は野菜だけ買えば安く済みますよ」とニッコリ微笑んでくれた。

        たいした事じゃないけれど、ペナンではこんな感じの親切な人に出会う事が多い。これが重なると印象は更に良くなって、ペナンが好きになる。リゾート地としては決して良い場所じゃないし、たまたま私がラッキーなだけかもしれないが.....。

        7月18日ペナン滞在記

        0
          最後の授業中に雨が降り始めた。しまった泣き顔 傘を持ってきていない。学校のパンフレットを傘代わりにして、幼稚園迄走った。約束の時間に1人のママさんが迎えに来てくれた。車は今まで行ったことがないような地区に向かった。山の近くの高層マンションで外観はひどく古びていた。だが見かける住人の様子は至って普通。今滞在しているコンドで見かける人達と大して変わらない。ただエレベーターは『途中で止まらないかな?』と心配になる位にボロボロだった。1人のママさんの部屋は、そのマンションの10階にあった。室内はとても綺麗に飾られていた。結婚する前はウェディング専門のエステやサリーの着付け、メイク、髪型のセットをしていたのだそうだ。どうりでいつも綺麗にしていたわけだ。3時過ぎにお邪魔したのに、食事の準備迄していてくれた。もう1人のママさんも「遠慮しないで、たくさん食べてね」と何度も言ってくれたので、頑張って食べた。「怠け者だから料理はしないのよ」と言っていたが、料理の味付けが上品でとても美味しかった。体に悪いから自然の食材しか使わないのだそうだ。どうやら謙遜していただけみたいだ。

          Curry

          子供はいつも学校で顔を合わせている友達なので、おもちゃをかしてもらったり一緒にボール遊びをしたりととても楽しそうだった。カレーやチキンも辛いのに「美味しい、美味しい」と喜んで食べていたので、ママさん達も嬉しそうだった。食事の後にサリーをを着付けてくれた。持って来たカメラで写真を撮っていたら、こっちの方が良いとアクセサリー迄貸してくれた。「インド人みたい」と2人とも喜んでいた。

          もう1人のママさんはヒンズー教なので、お寺に行く為に先に帰った。「あまりお邪魔してもいけないから....」と言うと、「旦那はいつも遅く帰ってくるから気にしないで」と言ってくれたので、しばらく2人でお喋りをした。彼女は妊娠中にアレルギーがひどくて仕事を辞めたのだそうだ。「又あのひどい思いをするのは嫌なので、もう子供は欲しくない」と言っていた。私も悪阻がひどくて入院したり、出産まで食事が出来なかった事を話した。彼女はずっと仕事をして来たので、子供と家事だけで終わりたくないし、自分自身の向上の為にも子供が小学校に上がって時間が出来たら、大学で資格の勉強をしようと思っていると言っていた。本当に色々な話が出来て良かったと思う。帰りには手作りのケーキだけでなく、子供用にお土産まで準備していてくれた。他の人から貰ったお菓子から、『ペナンの子供は体に悪そうなお菓子を食べている』と思っていたが、私達が日本でも食べている普通のお菓子だった。必ずしも皆が食に気を使っていない訳ではないのだと思う。

          7月17日ペナン滞在記

          0
            先週の金曜日に約束したので、朝9時にインド人のママさんと幼稚園で待ち合わせした。午前中の授業は当然休み....と言うかサボってしまったたらーっ まずママさん達は本屋さんへ向かった。1人のママさんの上の男の子が来月テストで、問題集を買うとの事だった。次に朝ごはんを食べにリトル・インディアへ行った。前に連れて行ってもらったお店で、前回1人のママさんが食べていたおからドーナツみたいなのを食べた。結構美味しかった。しばらく振りに会ったので、色々とお喋り出来て楽しかった嬉しい 人種は違うけど話していると共感出来るところが結構ある。国が違っても母親が感じている事って同じなんだと思う。先月購入したサリーの着方はいつ教えたら良いかと聞いてくれたので、「2人の都合に合わせる」と言うと明日学校が終わってからという事になった。幼稚園で2:40に待ち合わせをする事にした。

            帰宅してからガーニー・プラザに買い物に行った。お菓子か何かを持っていくのが良いと思ったのだが、気の利いたお菓子が見つからない。丁度バーゲンをしていたので、2人の子供用に服を購入した。こちらの人は家に招待された時に一体何を持っていっているのだろう?


            7月13日ペナン滞在記

            0
              授業で必要だったのでPCを学校に持っていった。『無線LANのつなぎ方が判らない』と言ったら台湾の男の子が昼休みにやってくれた嬉しい

              Jul13

              学校の後にいつも通り幼稚園に子供を迎えに行くと、Daycareの先生がクリスチャンのママさんから預かったと箱に入った手作りのケーキを渡してくれた。木曜日に預かったのに、渡すのを忘れていたそうだたらーっ 部屋に戻りすぐにママさんにケータイした。火曜日の朝に会う約束をした。.......学校はサボらなくっちゃひやひや

              Seoul Garden in GP

              夕飯はガーニー・プラザ内のSeoul Gardenに食べに行った。ここは韓国料理ではなく、鍋料理と鉄板焼が一度に出来る不思議な料理だった。食べ放題で大人がRM23.99≒876円、子供がRM11.99≒438円、シニアがRM13.99≒511円だった。飲み物と税サを入れて合計RM65.75≒2,400円。支払った金額に反比例して、食べたのが多かったのは子供>母>私であった。すごく美味しいと言うわけではないが、子供は肉、魚、海老が食べられたので大満足だったみたい。まぁ、良かったかな!? 

              7月12日ペナン滞在記

              0
                今週は少し涼しくなって、夜はエアコンをかけないでzzzている。母は暑すぎて寝不足なんだそうだ。「私は暑いのは全然気にならない」と言っていたのに?????

                帰宅後母と子供はプールに、私はガーニー・プラザに両替と買い物に出掛けた。Cold Storageでは、卵とポーク・ウィンナー、アイスクリームを買った。ウィンナーは量り売りで4本買ったらRM5.66≒207円だった。大きなウィンナーなので金額的に言えば日本と同じだが、味は日本の方が美味しいと思う。

                egg




                 卵は1パック
                 10個入。
                 RM4.29≒157円

                パン屋さんでは、いつものチーズパンを買った。食べ続けると飽きるので、食パンと代わりばんこに買っている。

                bread



                 1袋 RM4≒146円
                 少し甘い味がする。

                 食パンは
                 RM2≒73円
                 そちらも少し甘い。

                夕飯は冷ご飯と今日買って来たウィンナー、長ネギの炒飯。おかずはトマトだけ。少し量が少なかったので後でパンを食べた。

                7月11日ペナン滞在記

                0
                  朝時間になってもタクシーが来なかった『やっぱりこの人も.....』と思い切り不安になって、運転手さんにケータイした。「友達に頼んだ」と前にも聞いたような返事が帰って来た[:がく〜:]泣き顔ポロリ 車は来たが、いつもより10分程遅れて出発した。母と「いつもの運転手さんが嘘を言っているのではなく、この人が遅れたのだといいね」と車の中で話した。運転手さんが急いでくれたので学校にはいつもと同じ位の時間に到着出来た。良かったパクッ

                  帰りの迎えはいつも通り早めに来て待っていてくれた。「Sorry, Sorry. 友達が間違えてGurney Resortに行っちゃったみたいなんだよ。ゴメンネ」と言っていた。良かった。出来れば、もうあまり人を疑いたくない。

                  今日はおてんきだったので、帰宅してからプールで遊んだ。4時迄泳いで部屋に戻り、シャワーを浴びてANIMAXで『妖怪人間ベム』を見た。このアニメは月曜日〜金曜日の日課(!?)になっているウィンク 私が子供の時に見たやつではなく、部分部分が今風にアレンジされている。

                  Jul11-1





                   夕飯は先日買って来たパスタセット
                   パスタとソースでRM11.79≒430円
                   2回分なので1食≒215円

                  Jul11-2




                   出来上がりはこんな
                   感じ。残り半分の
                   シーザーサラダと
                   赤りんごのヨーグルト
                   サラダも作った。


                  Jul11-3




                   デザートは、アイス
                   クリーム。
                   1箱3つ入りで
                   RM4.99≒182円

                  7月10日ペナン滞在記

                  0
                    早朝すごい強風雷雨で目が覚めた。ガラスが壊れるんじゃないかと言う感じだった。だが、いつも起きる時間になったら、何事もなかったかの様におてんきていた。

                    今日は車が混んでいて幼稚園への到着が遅くなった。子供を教室に置いて急いで出ようとしたら、先生に呼び止められた。7月30日に記念写真を撮るのだそうだ。先生が見せてくれた昨年の写真は、なんだか映画で見るアメリカの大学の卒業式みたいんな格好をして子供達が写っていた。詳しく話を聞くと、写真の出来上がりが数週間後になると言う事なので、残念だが参加出来ない。私達が7月31日の夜にペナンを出発すると言ったら、先生はその日お休みなので30日にテキストを全部渡してくれると言っていた。随分英語学校に遅刻してしまったが、今日先生と会えて良かったと思った。

                    午後学校の後に、子供を幼稚園に迎えに行ったがタクシーが来ていなかった。前の嫌な経験が頭をよぎった。慌ててケータイしようとしたら、向こうから車が来るのが見えた。早く着きすぎたので別の場所で待っていたのだそうだ。良かったパクッ 人間、何度も嫌な目に遭うと悪いほうにばかり考えてしまうたらーっ

                    帰宅後すぐにガーニー内のスーパーに買い物に行った。晩御飯に野菜系のおかずがないのでプチトマト、シーザーサラダセット、じゃがいもを買って来た。サラダコーナーでシーザーサラダセットを探していた時、お店の人が「2回分入っていて特だ」と私が手に取っていた商品とは別の物を勧めてくれた。そして、その後に私が他のコーナーを見ていたら、わざわざ追いかけてきてくれて「こっちの方が新しいから」と日付の新しい商品と交換してくれた。ちょっとした事だけれど、海外でこういう出来事があるととても嬉しい気持ちになる。

                    予定はしていなかったが、亀ゼリーも買った。美味しい訳ではないが、何度か食べると癖になる。真珠なんとかゼリーと言う肌に良いゼリーも売っていたので、次回はそれを食べてみようと思う。ペナンには今まで見たことがない様な、不思議なお菓子がたくさん売られている。滞在中、可能な限り試してみたいと思う。

                    夕飯のメインは昨日買って来た、魚のソテーの冷凍食品。付け合せは、今日買って来たジャガイモで作った粉ふきイモ。インスタント味噌汁のストックがなくなったので、日本から持って来たコンソメをいもの茹で汁に溶いてネギを入れた。今日も満腹、大満足嬉しい

                    Jul10-1




                     5本入っていて
                     RM17.99≒657円
                     今日は3つ食べた
                     ので≒394円。

                    Jul10-3



                     焼くとこんな感じ。
                     既に下味つき。
                     結構いけます!

                     付け合せは
                     粉吹き芋。
                     茹で汁で作った
                     スープもグッド

                    Jul10-2




                     シーザーサラダ
                     セット RM8.99
                     ≒328円
                     ドレッシングと
                     クルトン付。
                     2回分なので
                     1食≒164円

                    7月9日ペナン滞在記

                    0
                      一生懸命宿題のエッセイをやったのに、先生にちょっとダメと言われてしまった悲しい カンザスの先生に言われた通りにやっているのだが......。ペナンでアメリカ系のインターナショナル・スクールに通っている高校生の男の子も直されていた。アメリカ式とイギリス式は違うのかな?????

                      お昼はイランの男の子、中国の男の子、韓国の女の子+日本人3人でイランの男の子が連れて行ってくれた屋台に食べに行った。不味くもなく、美味しくもなくと言う感じだった。もう次は良いかな?他にも店があると言うので、又連れて行ってもらおうと思う。

                      jul9-1




                       冷たい料理に見える
                       が実は暖かい。
                       1皿RM2.5≒91円

                      最後の授業はLLなのだが、今週からReadingの時間になるのだそうだ。母に話したが子供と2時半に迎えに行く約束をしているので、遅くなったら可哀想だと言う。成績が余計に悪くなるのは気になるが仕方ないポロリ

                      夕飯は、ご飯、ポークソテー、トマト、ネギの炒め物、インスタント味噌汁。母が先週買った生姜をスライスしてお肉やネギを炒めてくれた。とても美味しかった。お母さん、ありがとうるんるん

                      jul9-2
                      お肉は200g位でRM5.23≒191円。

                      | 1/4PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      Amazon ウィジェット

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recommend

                      太陽の子 (角川文庫)
                      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      灰谷 健次郎
                      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                      recommend

                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                      森 絵都
                      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                      recommend

                      こわれた腕環―ゲド戦記 2
                      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン
                      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                      recommend

                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                      recommend

                      モモ (岩波少年文庫(127))
                      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                      recommend

                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                      recommend

                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                      ミヒャエル・エンデ
                      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                      recommend

                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                      感動モノです!!!

                      recommend

                      Let the Right One in
                      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                      John Ajvide Lindqvist
                      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                      recommend

                      詩めくり
                      詩めくり (JUGEMレビュー »)
                      谷川 俊太郎
                      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM