留学最終週(私)一般英語コース

0

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    ケンブリッジ検定が終了したので、私のクラスも子供のクラスと同様に一般英語コースへと変わりました。

    最初から詳細を説明してくれれば入学時期も選択する授業時間も変えたのにと思いました。

    何度も書きましたが、この学校の先生は良いのですがマネージメントに本当に問題があります。

     

    と言いながらも担任の先生はケンブリッジ検定のテキストを使い続けていたので勉強はきちんと出来ました。違いはリスニングと会話の授業が検定に沿っているものではない内容に変わったことです。検定の対策の勉強は大変だったので比較的楽に感じられました。担当の先生も荷が下りた様子でした(笑)

     

    この週の木曜日はANZACの臨時資料館に学校全体で出かけました。オセアニアの人達には非常に重要な内容の様です。日本人である私達には馴染みはないですが、そうであっても戦争は繰り返してはいけないと言う事であり、このような資料館を見ることは若い世代の人にとって大切な事だと思います。

     

    金曜日の午後は卒業式です。マレーシアと違い毎週毎週新しい生徒が入学し、金曜日は卒業していくので修了証書の授与式が行われます。卒業式の日、私は色々な意味で感無量でした。

     

    子供のクラスへの不満、宿の問題、難しい授業......色々な思いがこみ上げて来て涙ぐんでしまいました。卒業証書を渡してくれる先生は私のそんな様子を見て自分も泣きそうになってしまったと言っていました。

     

    到着からの18日間は本当に最悪な状態でした。このままでケアンズ滞在が終わったら二度とオーストラリアの地は踏みたくないと思う程でしたが、全ての問題が最後はクリアになり、ケアンズに来たことが間違いと思わない状態になって良かったです。


    留学第2週目(私)Cambridge Course (CAE)

    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

       

      第一週目の金曜日、先生もクラスの友達も「週末勉強し過ぎない様に。ケアンズ滞在を楽しんでね!」と声を掛けてくれました。皆私が一杯一杯だった事に気づいたのでしょう。

       

      月曜日に日本人の生徒が1人入って来ました。1つ下のクラスにいたそうですが、授業が簡単だったので先生に話したところ、すぐに変更してくれたそうです。ここのテストの精度には疑問がありますので実際のレベルよりも下に判定されたのだと思います。

       

      他のクラスでは日本人が入ってくる度に国籍に係わらず「又日本人?」とうんざりされますが、私のクラスは私しか日本人がいなかったので、私を含め皆新しいメンバーが増えて喜びました。人数も国籍も多すぎないと言う事が大切なことだと思います。

       

      勉強のパターンにも慣れ、私は前の週よりも少し出来るようになったと実感しました。

      友達とも話す回数が増え居心地よく感じられるようになりました。

       

      でも週末に2人のクラスメートとお別れでした。

      子供と一緒にもう1週早く参加していればもっと話す時間が持てたのにと残念に思いました。


      留学第1週目(私)Cambridge Course (CAE)

      0

        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        私のクラスはケンブリッジ検定CAEのコースでした。

        火曜日の午前中にいきなり模擬試験を受けさせられました。

        おそろしい結果でした。テスト傾向を全く知らなかったこともありますが、あまりの難しさに悲しくなりました。

        勉強としては最高の環境です。しかし、メインは子供の留学。

        私だけががっつり勉強したのでは今回の留学の目的は果たせません。

        宿の問題もありましたし、本当に辛い一週間でした。

         

        私は自分が一番出来ない生徒と言う事を毎回の授業で嫌と言う程思い知らされました。

        先生はそれぞれの生徒にそれぞれの強みがあると言ってくれましたが、私には何もないのです。

        本当にみじめな気持ちになりました。皆に呆れられているのではないかと心配になりました。

        そんなところコロンビア人のクラスメートが私に掛けてくれた一言で気持ちがとても軽くなりました。

        自分達の言語は英語に似ている、全く違う言語の日本人が英語を勉強するのは大変だね....と。

        本当に嬉しかったです。


        第1回目の授業

        0

          JUGEMテーマ:学問・学校

           

          クラス分けの結果私は1番上のクラスでした。レベル的には去年のマレーシアの時の判定よりも1つ上なので、英検準一級の勉強の効果があったのだと思いました。正直私の感触としては、もう一つ下のクラス、もっと下もあり得ると思っていたので驚きました。

           

          クラスメートの国籍は4人がスイス人、1人がコロンビア人、そして日本人は私だけでした。しかし年齢が若い!オーストラリアと言う土地柄来る人も若い人が特に多いのだと思います。

           

          授業はテスト対策でした。もちろん難しい内容も学ぶのですが、スコア獲得のスキルも学びます。私はケンブリッジの問題はやったことがないので勝手が分かりませんでした。

           

          練習問題は殆ど正答できませんでした。先生はレベル分けの試験の結果、間違いなくここが私に合ったコースだとは言ってくれましたが、テストの精度が悪いのではないかと思うほど本当に出来ませんでした。

           

          最初の週は午前中のみ授業の一般英語のクラスだと言われていました。ですが、クラスメートも先生もこのクラスはケンブリッジコースだと言うのです。

           

          受付ではケンブリッジコースはフルタイムのコースのみと言われていたのに、実際は午前中だけ(Basic)、午後2日だけ終日授業(Intensive)、フルタイム(Super Intensive)と全タイプの生徒がいました。又々説明がいい加減なことに腹が立ちました。


          入学当日

          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            初日に何をするかは子供から聞いていたので心配はありませんでした。

             

            まずはレベル分けテスト。最初のテストはグラマーだけでした。ラミネート加工した問題用紙が配られました。内容は選択問題の文法のみ。他の国で受講した時と比較するとあまりにも???です。

             

            イギリスも文法だけでしたが穴埋め形式でした。マレーシアはTOEFLを意識した最新式のものでした。問題用紙をパウチして使うとは、ちょっと情けない気がします。加えてテストは一般英語も試験対策講座も同じで、読解問題が全くないと言う事で良いのだろうかと思いました。

             

            この学校の不思議なところは、時間短縮の為なのか文法のテスト中に数人ずつ呼び出されて、スピーキングのテストが行われる事です。その間先生は1人もいなくなるので、やる気になればカンニングだって出来てしまいます。そして驚いた事は試験の最中におしゃべりをしている生徒がいたのです。

             

            筆記と会話のテストの後はリスニングテストがありました。CDが古いのか?CDプレーヤーが古いのか?子供が言っていた通りノイズが入っていて聞きづらかったです。今まで経験した事がない問題形式で半分も点数がとれていないのではないかと心配になりました。

             

            テストが終了した後はオリエンテーションが行われました。行動についての注意です。日本人生徒がバーに行って合ったトラブルやドラッグを買って見つかり裁判が予定されているという内容でした。日本人が多いと言う事もあるのでしょうが、他の国籍ではなく日本人の問題が例として挙げられていたので恥ずかしかったです。

             

            ケアンズはネットやガイドブックで非常に治安が良い所だと書かれています。しかし実際はそれほどでもないようです。日本語が通じる、日本人に優しいも観光で1週間程度、観光客が多く宿泊するエリアに限定されている話であり、差別されたと話している人は多いです。

             

            オリエンテーションの後は市内ツアーに行きました。第一週は半日のコースなのでツアーでこの日は終了と思っていましたが、昼食後に2時間授業があるのだそうです。お昼が必要な事も授業がある事も事前に知らされておらず、この点においても不親切と言うか、説明が不十分であるなと感じました。


            Cairns Language Centreに申し込み

            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

              子供のコースが始まる初日に色々と質問しましたが、スタッフはきちんとした説明はしてくれませんでした。詳細を聞かれたくない様子でした。ところが私が申し込みしたいと告げると態度は急変。とてもフレンドリーになり、子供のコースについても話してくれるようになりました。

               

              クレームとまで行きませんが予約時と話が違うと言ったからか?なんと私の分の申込金はタダにしてくれました。通常申し込み金は1人1回なのでおかしな事です。

               

              一般会話コースは半日〜フルタイムのコースがあるのですが、試験対策コースはフルタイムのみとの事なので2週間分申し込みしました。通常はもっと長い期間なので特別との事です。

               

              一般コースには興味はありませんでしたが、子供のコースチェンジも考えたので、状況を把握するためにもう1週、ケンブリッジコースの前の週に一般英語コースを追加しました。もし大人のコースでも悪くないようならば、子供を途中から移動させようと思いました。

               

              今まで何度も留学をしてきましたが、日本人はほんのわずかでした。殆どが日本人と言う状況は経験したことがなく、明らかに留学としては失敗する可能性が高いので、少しでも良い状況のクラスに移動させたいと思いました。高いお金を払っているのですから何が何でも今の状況は打破しなければなりません。


              Kaplan Cairnsでのレベルチェックテスト

              0

                JUGEMテーマ:学問・学校

                 

                フルにではないですが、私も折角なので学校に通いたいなと思いました。

                 

                夏休みのバケーションコースはイギリス留学で懲りているので、大学進学コースか試験対策コースが良いと思っていました。子供が通う学校にIELTSコースがあったので問い合わせましたが、オーストラリアではケンブリッジ検定の方がメジャーなのでおそらく人が集まらないだろうとの事でした。又、ケンブリッジコースは期間が決まっているので短期では受け入れないとも言われました。

                 

                ネットで他の学校を検索するとカプランと言う大手の学校にIELTSコースがあったので、こちらに到着してからレベルチェックテストを受ける事にしました。IELTSコースは一定以上のレベルでないと意味がないので、入学前にテストを受けないといけないようでした。

                 

                テストはPCを使って行われました。昨年のマレーシアと比べるとシステム的に劣っている感じでした。まずは文法からです。次にリスニング。リスニングの途中で画面がフリーズしてしまいました。スタッフに声をかけて直してもらいました。「良くある事」なのだそうです。

                 

                次にリーディング。余りにも終わらないので又スタッフを呼ぶと、人によって長さが違うとの事でした。リーディングだけで1時間以上やり続けたと思います。もう集中力の限界でした。そこにスタッフがやってきました。「こんなに長くテストに時間がかかる事は今まで無かった。これはIELTSのコースにあなたが合っていないと言う事だと思う。」と。

                 

                私は「私がIELTSを受けるレベルにないと言う事ですか?」と聞き直しました。スタッフはそうだと答えました。私は「一昨年はイギリスでアドバンスコース、昨年もマレーシアで大学進学コースの上のコースだった。日本でも英語のテストを受けているがどちらかと言うと良い方で、IELTSコースを受けるレベルに達していないと言う事はないと思う。リスニングのテストの時にPCがおかしくなったので、システムの問題ではないでしょうか?」と伝えました。

                 

                スタッフは「このテストはとても正確で、何人もレベルチェックを行っているのでシステムのせいだとは考えられない。がっかりさせてごめんなさい」と言いました。

                 

                私は納得が行かなかったので「では文法とリスニングのレベルはどうでしたか?」と質問しました。すると「全部テストが終了しないと途中の結果はわからない。」との事でした。

                 

                「それならばIELTSではなく一般コースを受講したい。(これはレベルチェックテストを受ける前に学校側から勧められた事でした。)」と伝えました。これに関しては何故か「期待に沿えずにごめんなさい。」と、どんなレベルでも入れる一般コースも受講させてもくれませんでした。

                 

                これは非常に不思議な事で、本当に納得出来ませんでしたが、受け入れを拒否されたので仕方ありません。とても嫌な気持ちで学校をあとにしました。


                | 1/1PAGES |

                PR

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << July 2020 >>

                Amazon ウィジェット

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                太陽の子 (角川文庫)
                太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                灰谷 健次郎
                涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

                recommend

                アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
                アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
                森 絵都
                中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

                recommend

                こわれた腕環―ゲド戦記 2
                こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
                アーシュラ・K. ル・グウィン
                ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

                recommend

                ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
                ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
                アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
                公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

                recommend

                モモ (岩波少年文庫(127))
                モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
                ミヒャエル・エンデ
                児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

                recommend

                はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
                はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
                ミヒャエル・エンデ
                ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

                recommend

                はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
                はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
                ミヒャエル・エンデ
                映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

                recommend

                Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
                Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
                Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
                感動モノです!!!

                recommend

                Let the Right One in
                Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
                John Ajvide Lindqvist
                読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

                recommend

                詩めくり
                詩めくり (JUGEMレビュー »)
                谷川 俊太郎
                1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

                links

                profile

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM