柳川でせいろ蒸しを食べる @ 若松屋

0
    JUGEMテーマ:旅行

    下船して柳川藩主立花邸を見学し終えたのが11時少し過ぎ、ちょっと早いですがお店が混んで入れないといけないので、お昼にする事にしました。

    特盛きっぷで選べるお店は8店舗ありました。最初の候補は御花、元吉屋、六騎、若松屋でした。

    御花は御花無料入場券付と言う事と柳川鍋もついているのでかなり心惹かれましたが、ネットの口コミが今一つでした。ここは建物自体が素晴らしいですが、ホテルにもなっているのでレストランが大所帯過ぎるようなのです。実際見学の際に見てみたら、個室等を利用できる場合は別ですが、団体客を受け入れているようでした。

    ネットの評判が良いのは元吉屋と若松屋でした。元吉屋は舟下りの下船所から遠いので若松屋にする事にしました。


    朱塗りの入れ物に入っています。

    きっぷについていた食事は1,950円の梅だった様です。きっぷ用の食事が出されるとばかり思っていたので嬉しかったです。うざく(ウナギと胡瓜の酢の物)、肝吸いもついていて、量も味も大満足でした。

    食事の途中からお客さんがたくさん入って来て、お店を出る頃には外に行列が出来ていました。数軒先に六騎がありましたが、そちらはガラガラでした。六騎は最後まで悩んだのですが、メニューに抹茶と柳川銘菓がついているのです。若松屋にこれだけお客さんを取られているので工夫しているのかな?と思いました。

    六騎の方がゆっくり食事が出来そうですし、舟下りの船頭さんもおススメしていたので、もしかすると良いかもしれません。美味しかったですが若松屋、そして同じく口コミの評判が良い元吉屋は努力しなくてもお客さんがどんどんきそうな感じですし。

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.04.05 Sunday
      • -
      • 07:26
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << April 2020 >>

      Amazon ウィジェット

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      太陽の子 (角川文庫)
      太陽の子 (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
      灰谷 健次郎
      涙が止まらない.......考えさせれる1冊でした。

      recommend

      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫)
      アーモンド入りチョコレートのワルツ (角川文庫) (JUGEMレビュー »)
      森 絵都
      中学生の子供達が大人になって行く......心の成長と別れ、そして出発がピアノ曲にのって流れている様です。

      recommend

      こわれた腕環―ゲド戦記 2
      こわれた腕環―ゲド戦記 2 (JUGEMレビュー »)
      アーシュラ・K. ル・グウィン
      ゲドに出会い、闇に住む少女テナーの光を求める心の葛藤に涙が出ます。オススメです!

      recommend

      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版)
      ゲド戦記 1 影との戦い (ソフトカバー版) (JUGEMレビュー »)
      アーシュラ・K. ル・グウィン,Ursula K. Le Guin
      公文のGI教材にも使われています。夏休み子供と一緒に読んでお互いの感想を話し合うのも楽しいと思います。

      recommend

      モモ (岩波少年文庫(127))
      モモ (岩波少年文庫(127)) (JUGEMレビュー »)
      ミヒャエル・エンデ
      児童文学でありながら、非常にメッセージ性の高い作品です。

      recommend

      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502))
      はてしない物語 (下) (岩波少年文庫 (502)) (JUGEMレビュー »)
      ミヒャエル・エンデ
      ずっとずっと手元に置きたいと思う本は何冊あるだろうか?この本はそう思える1冊です。

      recommend

      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501))
      はてしない物語 (上) (岩波少年文庫 (501)) (JUGEMレビュー »)
      ミヒャエル・エンデ
      映画のチャラチャラした印象が強く読む気になれませんでしたが.......映画から受けるイメージを覆す素晴らしい物語です。

      recommend

      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater
      Vivaldi: Nisi Dominus; Stabat Mater (JUGEMレビュー »)
      Antonio Vivaldi,Jean-Christophe Spinosi,Philippe Jaroussky,Matheus Ensemble
      感動モノです!!!

      recommend

      Let the Right One in
      Let the Right One in (JUGEMレビュー »)
      John Ajvide Lindqvist
      読み始めたら止まりません......吸血鬼の少女と人間の少年の純粋でなんとも悲しいお話です。

      recommend

      詩めくり
      詩めくり (JUGEMレビュー »)
      谷川 俊太郎
      1年間毎日1頁ずつの、タイトルが無い短い詩が書かれています。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM